Fablic, inc のCTOを退任しました。

実は、2012年に創業した Fablic, inc を楽天社への合併のタイミング(6月30日)で退任しておりました。

25歳から約7年間、会社を創業し、フリマアプリを開発、フリマ戦争の真っ只中を過ごし楽天へExit、そして退任と人生の中でもっとも濃い日々を過ごしました。

いろんな方に支えていただきながらの7年間でしたが、折角なので、少し自分がやってきたことを振り返っていけたらと思います。

創業

まず、自分の仕事は考えていた課題の検証、そしてそれを解決するプロダクトを創ることでした。 フリマアプリをなぜ創ろうとしたかは弟の 僕がフリマアプリを創った理由 のエントリーがよくまとまっています。

創業1〜2年目はフリマアプリを開発し、軌道に乗せるまでの開発が主でした。

  • フリマアプリのプロトタイプの開発
  • RailsをバックエンドとしたAPIサーバ / 決済システムの開発
  • AWSを使ったインフラ基盤の構築

当時はCtoCのプロダクトに決済の仕組みをいれるのが難しく(サービスベンダーさんからNGが出る)リリースまでやきもきしたのを覚えています。

f:id:yutadayo:20120819011619j:plain

f:id:yutadayo:20120416141218j:plain ※ 創業時は共同創業者全員でガレージ付きの1家屋で一緒に暮らしていました。

この頃は開発しつつもアプリを使ってもらえるかの検証やプロモーションで大学のサークルを周ったりとエンジニアリング以外のことも忙しくしていました。

フリマアプリのPMFはとても早く、1年ぐらいは創業メンバーだけでやっていましたが、とても開発の手が足りなかったので、2年目からエンジニア採用も同時に行っていきました。

この時の教訓

  • PMFが最優先、人が欲しがるものを創れているかの検証を素早く繰り返すこと。
  • あれが足りない、これが足りないと機能追加するのでは無く、検証課題がクリアになる開発のみ優先的に行うこと。
  • サービスが当たるかは分からん、時に技術的負債を生みつつも前に進む。
    • iOSは当時はスピード優先でネイティブでは無く、Titaniumで開発をしていました。
    • 2年後に負債の返済を行いました。

フリマアプリ勃興期

フリマアプリは驚くほどのスピードで成長していき、メルカリのようなスタートアップからサイバーエージェント、Yahoo、LINEなど大手のIT企業が続々と市場に参入してきます。

当時はサービスをスケールすることが大きな課題で、主にデータベースへの高負荷が悩みの種でした。

ボトルネックであったタイムラインの仕様を変えて再実装したり、AWSVPC環境に移行させ、Amazon Aurora を導入したりなどインフラよりの仕事が多かったと記憶しています。

この間、iOSAndroidの大きなリニューアルを何度か行ったり、テレビCMに向けたインフラ強化、ボルネック箇所のチューニング、RIDE という車両に特化したフリマアプリの新規事業開発など、新しいサービスの立ち上げなどもやっていました。

この時の教訓

  • スタートアップの利点を活かして、開発スピードで絶対に大企業に負けないこと。
    • 最も怖いのは大手では無く、同じように死に物狂いでやってくる他のスタートアップである。
  • 目の前の小さいことでは無く、N倍スケールした時にどうなるかという視点で、開発も組織創りも行う。
    • この時は女性限定サービスから男性向けにサービス解放、テレビCMの放映などを実施
  • 採用(それもBigなHiring)や良い開発文化、組織のモメンタムを創り続けるのは創業者の仕事。それをやるためにもっと、権限委譲を早く適切に行うべきであった。

楽天へのExit

2016年に楽天グループ入りした後は、さらなるサービスの強化に向けて、 ログ基盤を整備したり、テレビCMの対策などが主でした。

この頃から、開発の仕事から徐々に離れて、全社採用や、評価制度の再設計、バックオフィス部門のマネジメントなど裏方の仕事が増えてきました。

開発はFablicには本当に優秀なメンバーが沢山いたので、安心して任せることができました。

後半は、新潟に新しくCSの拠点を立ち上げるため、新潟に出張し、オフィスビルの選定から、助成金の兼ね合いで県や市との折衝、オフィスインフラの整備など創業時は思いもしなかった仕事もすることになり、バリエーションも増えていきました。

そして、2018年に会社が楽天と合併し、新体制になったタイミングで、創業者としての役目を終わりにし、退任する決意をしました。 これからもラクマ(旧フリル)は楽天経済圏の力を活かしながら大きな資本力を背景に、もっと大きくなっていくでしょう。

この時の教訓

  • 社員旅行はとても良かった。余裕があれば、全社員でいくことをオススメする。
  • 子会社化した後も会社の文化を拠り所にして、採用を加速させることができた。
  • 本質的でユーザーにとってより良い開発を行おうとする文化、透明度が高く、率直なコミュニケーションが行われる社風を創れたのは非常によかった。
  • 楽天社は数字の達成意識が尋常じゃないほと高かった。開発組織が中心だと、売上などの数字感に弱くなりがちなので売上目標を達成するためのコミットは学ぶことが多かった。

総じて

たくさんのサービスが生まれては消えていく中、フリマアプリという沢山のユーザーに使ってもらえるサービスを創れたことは、1人のエンジニアとして嬉しくもあり、自信にもなりました。

フリマアプリ戦争という過渡期を過ごしたことは起業家として貴重な経験であり、 あのひり付くような、焼け焦げるような混沌と狂乱の中、サービスと会社を大きくするために情熱を傾けた日々を一生忘れないでしょう。

また、本当に自分達は良い仲間に恵まれたなと思います、プロダクトや会社について深く理解し、支えてくれた社員の皆には感謝してもしきれないです。

一方で、正直この7年で自分自身に至らないことも多く、様々な課題が見つかりました。

これから

また Fablic, inc の共同創業者である @shota @takejune と一緒にフリマアプリを超えるようなサービス、課題解決をしていこうと考えています。

今は ANGEL PORT というサービスを開発しています。 起業家でもあり、エンジェル投資家でもある、自分たちから見えた課題の解決と 若い起業家やスタートアップ業界に、自分たちがお世話になり、学んだことを少しでも返していけたらと思っています。

開発の経緯などはリリースノート に綴っていますので、興味があれば是非見てみて下さい。

また、ランチや飲みのお誘い、開発周りの相談等あればTwitterFacebookまでお気軽にご連絡ください!

f:id:yutadayo:20181114170642j:plain

最後まで、長文にお付き合いいただきありがとうございました。

エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか

エンジェル投資家ジェイソン・カラカニスがエンジェル投資について記した著書

エンジェル投資について、書いた本はあんまりないのとジェイソン・カラカニスの人柄が分かるような、文体、構成がとても良かった。

ただ、日本とシリコンバレーでは環境が違う部分もあるので、これを読んだ人が、本にあるような実践をいきなりできるかでいうと難しいと思う。

  • 投資資産が1億円以上ある
  • 10件のシンジケート投資を行う
  • etc...

具体的なエンジェル投資家としての活動内容、起業家とのミーティングにおける振る舞い
下記はカラカニスがメンタリング時に聞く質問

創業者に必ず聞く、4つの質問

  1. あなたは今どんな仕事をしていますか?
  2. あなたはなぜこれをやっているのですか?
  3. なぜ今なのか?
  4. あなたの不当なまでの優位性は何か?

シンジケートやプロラタなど、専門的な内容から、ブリッジラウンドを申し込んで来た起業家への接し方(評価額がなぜあがるのか?) など、具体的かつ、エピソードも交えて書いてあるので、非常に面白かった。
※ エンジェル投資は高いリスクを伴うと随所に書いてあるが

特にTwitter の投資を見送って後悔したところなど、確かに140文字のテキストコミュニケーションプラットフォームが、あそこまで巨大になるとは思わなかっただろうなと思った。

だからこそ、カラカニスが記しているように、プロダクトや市場ではなく創業者に投資するというのは、自分もとても Agree でハングリーさに溢れた実践的な起業家に投資したいなと思う。

まだ、聞いてないですが、ジェイソン・カラカニスがPodcastもやってるようなので、聞いてみたいと思う。

www.angelpodcast.com

自分が起業した時よりも、日本でもスタートアップをとりまく環境は変わって来ていて、エンジェル投資家と呼ばれる人たちの増加や、スタートアップを支援する環境が整って来たように思うし、これからも加速していると思うとそこにビジネスになるようなチャンスもあるのではと思う。

後日

縁あって、出版した本のイベントで来日していた、ジェイソンとランチする機会に恵まれた。 これはその時の2ショット(逆光...)、とてもエネルギッシュでユーモアに溢れた方でした。 日本の市場にもとても興味を持たれていたので、またお会いできると嬉しい。

f:id:yutadayo:20180921145931j:plain

構造化面接のススメ

以下は2017-12-22に会社(Fablic, inc.)の技術ブログinFablicに投稿した記事(http://in.fablic.co.jp/entry/2017/12/22/172546)になります。
inFablicが閉鎖され閲覧ができなくなってしまったため、会社の了承を取った上で転載しております。

元記事にリンクを貼っていただいていた方に対しては大変お手数ですが、こちらにリンクし直していただければ幸いです。


これは Fablic Advent Calendar 22日目の記事です。

こんにちは Fablic でCTOをしている @yutadayo です。
ここ1年程は採用や福利厚生、会社の制度設計に関わることが多く、エンジニアとしての人権は失いつつあるこの頃です。

みなさんの会社では面接はどのように行われているでしょうか?
面接の目的は 候補者の方がチームに加わった時に、どのぐらい力を発揮できるか予想すること にあると思います。 しかし、限られた時間の中で、候補者の方の人となりや能力を正しく測ることは困難を極めます。

あなたの会社では面接の担当者は決まっていますか?
候補者の方に質問する内容は同じですか?バラバラですか?
候補者の方々を全て同じ基準で判定していますか?

面接に仕組みがあれば、候補者と面接者双方にとって、よい体験になると思います。
今回は 採用 をテーマに Fablic が取り組んでいる構造化面接の紹介をしたいと思います。

続きを読む

Codenize.tools を使ったインフラ管理について

以下は2016-12-19に会社(Fablic, inc.)の技術ブログinFablicに投稿した記事(http://in.fablic.co.jp/entry/2016/12/19/123807)になります。
inFablicが閉鎖され閲覧ができなくなってしまったため、会社の了承を取った上で転載しております。

元記事にリンクを貼っていただいていた方に対しては大変お手数ですが、こちらにリンクし直していただければ幸いです。


この記事は Fablic Advent Calendar 19日目の記事です。

こんにちは、Fablicでサーバーサイドエンジニアをやっている yutadayo です。

今回は AWS の環境設定をコードで管理できる Codenize.tools の紹介と弊社での運用事例についてご紹介しようと思います。

続きを読む

Amazon Auroraへの移行

以下は2016-04-27に会社(Fablic, inc.)の技術ブログinFablicに投稿した記事(http://in.fablic.co.jp/entry/2016/04/27/182453)になります。
inFablicが閉鎖され閲覧ができなくなってしまったため、会社の了承を取った上で転載しております。

元記事にリンクを貼っていただいていた方に対しては大変お手数ですが、こちらにリンクし直していただければ幸いです。


こんにちは、エンジニアの@yutadayoです。 Fablic が運営するフリルでは先日インフラをEC2-Classic環境からVPC環境に全面移行し、同時にリリース当時から使っていた Amazon RDS for MySQL から Amazon Aurora へと移行しました。

まず、移行して2ヶ月程度Auroraを運用した上での、良かった点と改善が必要な点を紹介します。

続きを読む

フリルのログ収集基盤について

以下は2015-12-25に会社(Fablic, inc.)の技術ブログinFablicに投稿した記事(http://in.fablic.co.jp/entry/2015/12/25/110618)になります。
inFablicが閉鎖され閲覧ができなくなってしまったため、会社の了承を取った上で転載しております。

元記事にリンクを貼っていただいていた方に対しては大変お手数ですが、こちらにリンクし直していただければ幸いです。


この記事は Fablic Advent Calendar 2015 の25日目のエントリです。

こんにちは、Fablicでサーバーサイドエンジニアをしている@yutadayoです。今回はフリルのアクセスログをどのように収集し、活用しているかを紹介します。

続きを読む

エンジニアリング組織論への招待

広木くんの本、遅ればせながら読了しました。

組織を運営する中で感じていたことが、とてもよくまとまっていて、 読み終わった後に体験が整理されるような感覚になりました。

とても良本です。