ジニ係数とは

ジニ係数という単語が分からなかったので
ググってみました。

ジニ係数
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%8B%E4%BF%82%E6%95%B0

⇒主に社会における所得分配の不平等さを測る指標。

ほうほう

気になる算出方法

(1)対象となる集団に含まれるすべての数値間の差の絶対値を合計して、平均する(これを「平均差」という)。

(2)全体の平均値を計算する。

(3)平均差を全体の平均値の2倍で割る(2倍で割るのは、ジニ係数を0と1の間に収めるため)。この結果がジニ係数です。

 たとえば(245万円、362万円、826万円)のジニ係数は次のようになります。

 (1)(―245−362―+―245−826―+―362−245―+―362−826―+―826−245―+―826−362―)/6

=2324/6=387.3(平均差)

 (2)(245+362+826)/3=1433/3=477.7(平均値)

 (3)387.3/(2×477.7)=0.4054

 よって、ジニ係数は、0.4054

 注・― ―は絶対値記号


ほうほう